加湿器とレジオネラ菌

こんにちは!
秋田県でもとうとうインフルエンザが全域で警報レベルになってしまいました!

インフルエンザ対策には、手洗い・うがい・「加湿」とよく言いますよね。
加湿といえば「加湿器」ですが、最近加湿器使用でのレジオネラ菌感染がニュースになったのはご存じでしょうか。

高齢者施設で80~90代の男性3人がレジオネラ菌の感染による肺炎を発症し、1人がなくなったニュースです。保健所の検査の結果、部屋で使用していた超音波式の加湿器からレジオネラ菌が検出されたというものです。

以前から超音波加湿器は、レジオネラ菌が発生する可能性があるということは言われていましたが、この機会にご家庭でも今一度こまめな清掃などのお手入れを見直してみるのもいいかもしれませんね。

加湿器に入れる水は、つぎ足しせず、常に新しいものと入れ替え、本体も頻繁にブラシなどで清掃がおすすめですよ!

レジオネラ属菌は、自然界に生息しているものなので、日常生活で触れる機会は多いものですが、免疫力の弱い高齢者などが感染すると重症化することもありますので、注意が必要です。

入浴施設での発生はよく聞くと思いますが、ご家庭の加湿器、特に超音波式のものでも発生する可能性がありますので知識として覚えておいた方がいいかもですね。


まだまだ全国的にインフルエンザ感染は続いているみたいですね!
しっかり対策していきましょう!!